カテゴリ: むずむず脚症候群とら

最近歯医者に通っていますが。
歯医者さんに口を開けてと言われると、吐き気がひどくて治療にならないので。
私は、鎮静剤を打って治療をしてもらっています。

もちろんほとんど寝ています。
意識があっても吐き気どころじゃなく、眠気の方が強いので、吐き気はしません、

この前も行ってきたのですが、帰り電車の中で眠くて眠くて。
家について寝そうになりましたが、手がむずむずして眠れませんでした。

むずむず脚症候群?

と思ったぐらいです。
むずむず脚症候群は足だけではなく、手や背中等、いろいろな個所がむずむずの対象らしいです。

で、話を元に戻すと、手をかきむしっていたら治ったのですが。
虫に刺された感じはないので、自分の爪で傷をつけて終わったぐらいでした。


歯医者さん、恐怖とか、持病で行けない人。
鎮静剤で眠っている間に治療をしてくれる歯医者さんが必ずどこかにありますので、あきらめず治療をしてくださいね!! 

私はむずむず脚症候群を発症してますが、その前にパニック障害の1人でもあります。

パニック障害は、今は結構認知度が高くなってきたと思いますが。芸能人でも告白する人が増えてきましたからね。

昔は、なにそれ?気持ちが弱いだけやん!ってないがしろにされてきたわけです。


もうパニック障害で精神内科に通い始めて10年以上が経ちますが、薬もいろいろ試してきました。

一旦症状が良くなって、薬を止めれそうなところまで行ったのに、吐き気がひどい感じになってしまい、また元どおり。

そして今に至るわけです。

むずむず脚症候群もパニック障害と一緒で脳の神経の乱れです。

やっぱりうつ病やパニック障害になる人は、むずむず脚症候群になる可能性も高いんでしょうね。、

むずむず脚症候群を治すには!
結論を言うと、

・楽しい、嬉しいといった感情をたくさんいだくこと!
・カフェインは取り過ぎない
・身体の汚い物質を取り除く
・抗鬱剤を服用している人は医師に相談する
・むずむず脚症候群の処方箋を出してもらう

これらを守ることです!
では、なぜそんな治し方が有効なのか!
本ページで一つずつ説明していきたいと思います!

今日はここまで。

↑このページのトップヘ